乳房再建

BREAST RECONSTRUCTION

医師より

乳房再建を考えているみなさまへ

%E6%9C%AD%E5%B9%8C%E5%BD%A2%E6%88%90%E5%

 ここまで蘇春堂形成外科のホームページをご覧いただき本当に有難うございます。これから乳房再建を受けられるあなたにとっては、いろいろな点で、大きな不安や心配があることと思います。中でも一番大きな心配事はおそらく、『実際のところ自分の場合にはどんな結果になるのだろう…』ということに尽きるでしょう。 そのような不安を少しでも払拭することにこのサイトがお役に立てれば幸いですし、私自身は国内における他のどの専門医師よりもあなたにふさわしい提案を行うことができるという自負が あります。

『乳房再建』というテーマを私が専門の一つにしようと思った最初の出会いは、私の美容外科・ 形成外科の師である野平久仁彦先生(現蘇春堂形成外科理事長)との縁でした。その後、Gent 大学留学、癌研有明病院での数多くの経験を経る中で、単に自分自身の技術を向上させるだけではなく、いかに安全確実で質の高い治療を標準化するか、という思いが強くなってきました。

 私にとって、そのきっかけの一つになったのは、日本乳房オンコプラスティックサージャリー 学会の設立(2013年)だったと思います。厚労省からの勧告により乳腺外科・形成外科専門 医は学会の講習会を受講し再建技術のアップデートをはかることが義

務づけられていますが、岩 平佳子先生(ブレストサージャリークリニック院長・日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会講習会専任講師として活躍)とともに、どのようなコンセプトを提案すれば、より直接的 に国内の再建手術の質を高めることができるか、ということを日々考え実践してまいりました。

 このような公の場で様々な貢献を行うことも非常に価値のあることと思っておりますが、正直 なところ、やはり私にとって最も価値のある貢献は、目の前にいるあなたのためにいかに最高の 結果を出せるか、ということに尽きると感じています。 あなた自身にとって最も理にかなった幸せは、『無理・労なく円滑に再建手術が完遂し、ご自身が望んだイメージが実現すること』だと思いますが、そのためには、まずあなた自身が決 めなければいけない課題があります。それは『あなた自身がどんな再建を望んでいるか』という目標設定をすることです。

 これまで数多くの患者様と関わらせていただき、皆さんが求めるゴールは本当に多様で一概に は決められないということが私自身よくわかりました。例えば、『やるからにはできるだけ綺麗 な結果を求めたい』という方もいらっしゃれば、『とりあえず日常生活に不自由がなければ良 い』という方もいらっしゃいますし、中には『再建をやる気はあるが、いろいろ時間や気持ちの余裕が取れないのでさらりと済ませたい』という方もいらっしゃいます。

 整容性以外の、より多くの様々なことを考えなければいけない場合、例えば『仕事が忙しい、 子供から一瞬も目を離せない』などいろいろな条件が重なる場合は、地元で一番信頼のおける主 治医に人工物で再建をお願いするのがおすすめです。人工物再建は他の項目でご説明した通り、 シンプルでとてもいい再建なのですが、人工物が入っている間はずっとこまめに経過を見ていくことが義務付けられていることと、万が一炎症や感染が起きた時の対応を迅速に行うためにも、 主治医は身近にいるに越したことはありません。

 一方で、全く違う目標設定が許されるのが自家組織再建です。そもそも美容外科とは異なり普 通の保険診療なので、私としては、整容性を保証する法的な義務はないはずなのですが、それでも『自分の体の一部を移植してまで行う再建で、絶対に結果を出さなきゃ許さないわよ!』と私に言って来る方も実はたくさんいらっしゃいますし、むしろそのように思う存分言いたいことを私には言っていただいていいのです。どんな無茶難題であっても必ず実現します。是非札幌にお越し下さい。

 自家組織再建を希望される場合に、札幌のような遠方であってもいい理由は、いくつもあります。まず第一に、どこで治療をするにせよ入院期間中は動けないので、結局経過は同じです。第二に、自家組織は主治医のレベルがより極端に反映されるという傾向があり、その技量により結果が全く異なるという点を無視できないからです。第三に、人工物よりも、完成した後はゆったりと

IMG_5508_edited.jpg

した経過観察で良いので、遠方であっても follow up は問題ない、という点が挙げられます。その場合は定期的な(形式上の)経過観察は地元の主治医にお願いできると思います。完成後は 1~2年に1回程度、観光のついでに札幌にお越しいただければ十分と思います。

 私にとって乳房再建という手術は、センスではなく理論だと考えています。したがって予想を大幅に外れることはなく、あなたの期待に確実に応えられる自負と確証があります。

 道内にお住いのあなたはどのような再建方法を選択するにせよ、一次再建(エキスパンダー挿 入術)が終わった時点で、どうぞ迷わずまず当院にご相談下さい。当院では、道内すべての乳腺 外科・形成外科と密接に関わっており、どの主治医の先生からもスムーズに連携を取れる形になっております。 

  道外にお住まいで、自家組織でどうしてもベストの結果を求めたいちょっとわがままなあなたの場合には、当院以外の選択肢はありません。 あなた自身の夢がかならず最高の形で実現することを確約いたします。当院外来受診を心よりお待ちしております。