乳房再建

BREASTRE CONSTRUCTION

乳房再建について

札幌形成外科.jpg

対称性や曲面の美しさがアイデンティティそのものの再現とも言える乳房再建は、形成外科の中でも極めて特殊なジャンルの一つであり、常に高い精度で形態を再現することは決して容易なことではありません。私は、DIEP flap(深下腹壁動脈穿通枝皮弁)を世界で初めて乳房再建に応用したGENT大学の Blondeel 教授のもとで乳房再建の真髄を学び、その後、癌研有明病院で非常に数多くの乳房再建にたずさわる機会を得ることができまし た。これらの数多くの経験をもとに、現在では、確実に結果を約束できる最も合理的な再建コンセプトを私自身が立案できた自負があります。『乳がんを克服し、『かたち』を通じて自分自身のこころを日常に戻すこと』これが乳房再建の真の目的・意義であり、その歩みに共に全力を尽くすことを約束いたします。​

乳房再建 取材動画